スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

度会町のユキワリイチゲ(雪割一華) MCレンズの色収差

IMG_8691.jpg
このカメラは望遠マクロができないので、接写する時はクローズアップレンズを付けて近づいて撮っている。老眼鏡と呼んでいる。
このカメラは超望遠が売りなんだけど、私がよく使うのは接写の方なのよね…。失敗した…。
買ってから、思うように小さいものが撮影できない事に気付き、価格.comの先輩達に教えを請い、クローズアップレンズに辿り着いた。その節は大変お世話になりました。m(_ _)m
「望遠マクロ」という言葉も、この時知った。「ピントの範囲が0cmからとあるし、F値小さけりゃ今まで通り撮れるでしょ!ハッハッハ!」と思っていた。
全然違った。
今度買う時は、望遠マクロを重視せねば。
(今のでも、できない事は無いんだろうが、たぶん対象から1.5m離れないといけない。遠!(^^;) 室内で1.5mも離れてられますかっての(笑))

クローズアップレンズは、
・安くて軽いが色収差が出るMC
・高くて分厚くて重いが色収差が出ないAC
の2種類があり、私は最初安いMCを買って使い心地を試した後に、ACを買い足す事にした。
「せっかくならいいの買っとくか!」と思ってケンコーのサイト調べたら、私のレンズ径67mmだとNO.2(焦点距離50cm)までしか販売していなかった。ガッデム!!!全然寄れてねーよ!!!
なので、その上から更にMCのNo.3を付けて撮るんだけど、やっぱり色収差が出ちゃう。一番外側の花弁の縁の、青白くもわわ~とした感じ、おわかりいただけるだろうか。

ついでに、はりきって色収差を写したものも載せとく。
色収差
ミストサウナって感じ!

理科の実験の写真みたいで、面白いと言えば面白いんだけど、やっぱりシャープな写真がいいな~。
どこか、67mmのACのNO.5のいいやつ、発売していないかしら。
検索してもケンコーのしか見当たらないんだけど。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ふぁる

Author:ふぁる
ハンドルネーム「ふぁる」です。
写真を貼りたいブログです。
現在の使用カメラはCanon SX40HS。
2012年4月まではNikon COOLPIX5700。

\見てくれてありがとう!/
最新コメント
カテゴリ
最新記事
カレンダー
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。